テーマ:図書館

ハリー・ポッターと謎のプリンス

J. K. ローリング (著), J. K. Rowling (原著), 松岡 佑子 (翻訳) 暗い ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)静山社 2006-05-17 J. K. ローリング ユーザレビュー:翻訳がいまいち最後の ...よかった欲しかった一 ...なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡のタッチダウン

ジョン・グリシャム (著) ピザ食いてえ 奇跡のタッチダウン 上ゴマブックス ジョン・グリシャム ユーザレビュー:クォーターバックって ...アメフトがらみで読み ...作者が楽しんでいる様 ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

J. K. ローリング (著), J. K. Rowling (原著), 松岡 佑子 (翻訳) ハリーの心理描写にはイライラさせられる ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ハリー・ポッターシリーズ第五巻 上下巻2冊セット(5)静山社 2004-09-01 J. K. ローリング ユーザレビュー:ほしかった本なので評 ..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殺し屋シュウ

野沢 尚 (著) 因果応報? 殺し屋シュウ幻冬舎 野沢 尚 ユーザレビュー:淡々とした文体の中に ...人殺しというドラマ主 ...ドラマ仕立ての物語  ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

J. K. ローリング (著), J. K. Rowling (著), 松岡 佑子 (翻訳) 映画を見てないと思ったら、所々ストーリーを知ってた。 たぶん、酔っぱらって見たのだろう。 ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット (4)静山社 2002-10-23 J. K. ローリング ユーザレビュー:またも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南極(人)

京極 夏彦 (著) ギャグ小説って難しい 南極(人)集英社 京極 夏彦 ユーザレビュー:ギャグ小説かなり尖っ ...饒舌な悪ふざけ連作集 ...これが1つの到達点か ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

J.K. ローリング (著), 松岡 佑子 (翻訳), J.K. Rowling (著) 映画より深いかも ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (3)静山社 J.K. ローリング ユーザレビュー:シリーズで1番! 私 ...ド迫力な展開と爽快感 ...ハリー・ポッターと動 ...Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターと秘密の部屋

J.K. ローリング (著), Joanne Kathleen Rowling (原著), 松岡 佑子 (翻訳) どうしても映画の風景を頭に描いてしまうな。 ハリー・ポッターと秘密の部屋 (2)静山社 J.K. ローリング ユーザレビュー:携帯版 ハリーポッタ ...7年間の敬遠を得て、 ...2作目も面白い「ハリ .…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナル ジオグラフィック 傑作写真集 地球の瞬間

著者 : リー・バンデビット-バル 素晴らしい! ナショナル ジオグラフィック 傑作写真集 地球の瞬間 (ナショナルジオグラフィック傑作写真集)日経ナショナルジオグラフィック社 リー・バンデビット-バル ユーザレビュー:被写体の人生とカメラ ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターと賢者の石

J.K. ローリング (著), J.K. Rowling (原著), 松岡 佑子 (翻訳) こうやって読むときちんと映像化されているんだな ハリー・ポッターと賢者の石 (1)静山社 J.K. ローリング ユーザレビュー:子供向けにはいいでし ...今更ながら読んでみた ...良質なミステリー日本 ...Amazonアソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心では重すぎる

大沢 在昌 (著) 結局かわいい女か? 心では重すぎる文藝春秋 大沢 在昌 ユーザレビュー:登場人物「まのままる ...『ホワイトボーイ』! ...人付き合いの何たるか ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンニバル・ライジング

トマス ハリス (著), Thomas Harris (原著), 高見 浩 (翻訳) なんか読みにくかった。 ハンニバル・ライジング 上巻新潮社 トマス ハリス ユーザレビュー:寡作でもいいから。映 ...変な日本趣味どう、評 ...レクター博士誕生秘話 ...Amazonアソシエイト by ハンニバル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジアン・ジャパニーズ

著者 : 小林紀晴 やった者勝ち アジアン・ジャパニーズ情報センター出版局 小林紀晴 ユーザレビュー:良すぎたアジアン・ジ ...旅とは何かいろいろな ...一生やってなさい 需 ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の祭典

逢坂 剛 (著) 坂本龍一の演奏聴きたかった 幻の祭典新潮社 逢坂 剛 Amazonアソシエイト by 幻の祭典 (文春文庫)文藝春秋逢坂 剛ユーザレビュー:予想以上に楽しめた一 ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地を這うように

長倉 洋海 (著) 地を這うように―長倉洋海全写真1980‐95 (フォト・ミュゼ)新潮社 長倉 洋海 ユーザレビュー:世界の生き様、カメラ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 伊藤真・長倉洋海の日本国憲法楽天ブックス著者:伊藤真/長倉洋海出版社:金曜日サイズ:単行本ページ数:165p発行年月:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メアリと巨人

フィリップ・K. ディック (著), Philip K. Dick (原著), 菊池 誠 (翻訳), 細美 遥子 (翻訳) SFじゃなかった メアリと巨人筑摩書房 フィリップ・K. ディック Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピリオド

打海 文三 (著) 途中で集中力が切れた ピリオド幻冬舎 打海 文三 ユーザレビュー:?です。登場人物がこ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅のいろ

北方 謙三 (著) 非現実的だけど面白い 旅のいろ講談社 北方 謙三 ユーザレビュー:多分ハードボイルド北 ...肉体より精神の官能小 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

標的走路

大沢 在昌 (著) 古いなぁ 標的走路文春ネスコ 大沢 在昌 ユーザレビュー:スリルあるストーリー ...やっぱりちょっと古い ...私ではなく僕といって ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢は荒れ地を

船戸 与一 (著) 夢を捨てないで 夢は荒れ地を文藝春秋 船戸 与一 ユーザレビュー:よくできてますが。。 ...アメリカの古き時代の ...カンボジアの今を描く ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エデンの東(下)

ジョン スタインベック (著), John Steinbeck (原著), 土屋 政雄 (翻訳) 許せ エデンの東(下)早川書房 ジョン スタインベック ユーザレビュー:深い感動を与えてくれ ...こんなに面白い話だっ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ エデンの東 [DVD]ワーナー・ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エデンの東(上)

ジョン スタインベック (著), John Steinbeck (原著), 土屋 政雄 (翻訳) エデンの東(上)早川書房 ジョン スタインベック ユーザレビュー:文学はつまらないそん ...スタインベックの偉大 ...心から好きになれる本 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ エデンの東 [DV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽りの原子炉

ガイ スタンリー (著), Guy Stanley (原著), 中埜 有理 (翻訳) 結構面白いし、日本のこともよく書かれているけど余り話題にならないなぁ。なぜ? 偽りの原子炉毎日新聞社 ガイ スタンリー Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深紅

野沢 尚 (著) 連帯保証人なんて金融機関だけを守る制度は廃止されればいい。 深紅講談社 野沢 尚 ユーザレビュー:物語の後半通常、行き ...最後までまともに読め ...ギリギリの心理戦後半 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 深紅 (講談社文庫)講談社野沢 尚ユーザレビュー:物語の後半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォト・リテラシー

今橋 映子 (著) 言い回しが難解で頭に入らなかった フォト・リテラシー―報道写真と読む倫理 (中公新書)中央公論新社 今橋 映子 ユーザレビュー:アウシュヴィッツ以降 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の狩人

大沢 在昌 (著) ちょっといい人過ぎ 北の狩人幻冬舎 大沢 在昌 ユーザレビュー:他をどうぞ「砂の狩人 ...大沢在昌の平均的作品 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰色の北壁

真保 裕一 (著) ホワイトアウトも読もうかな 灰色の北壁講談社 真保 裕一 ユーザレビュー:珠玉の3編「山」をテ ...低迷期を脱したこの作 ...山岳小説と考えると… ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more