テーマ:プロレス

WORLD TAG LEAGUE 2017 11.18 後楽園ホール

新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUE 2017 11.18 後楽園ホール大会をNJPWWORLDで視聴。 第7試合は「WORLD TAG LEAGUE 2017」Aブロック公式戦、YOSHI-HASHI、後藤洋央紀対飯塚高史、鈴木みのる。 鈴木や飯塚の若い時代を知るものにとっては、二人の変貌ぶりが気になる。特に飯塚は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

LION’S GATE PROJECT9

新日本プロレスのLION’S GATE PROJECT9 17.11.16 新宿FACE大会をNJPWWORLDで視聴。 第1試合は山本小鉄メモリアル 第11回ヤングライオン杯争奪リーグ戦、岡倫之対成田蓮。 体格的には岡が断然有利かと思ったが、成田が攻める、攻める。考えてみれば、川人以外は全員今年デビュー。そんなに実力差があるわけで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

POWER STRUGGLE 17.11.5 大阪府立体育館

新日本プロレスのPOWER STRUGGLE 17.11.5 大阪府立体育館大会をNJPWWORLDで視聴。 第0試合はデビッド・フィンレー対北村克哉。 なんと、試合後にフィンレーが北村をタッグパートナーに指名。モンスターレイジはどうなったんだ?ヤングライオン同士のタッグでは時期尚早ということか? 第4試合は「Super …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新日本プロレス「Road to POWER STRUGGLE 17.11.2 ツインメッセ静岡」

大道芸ワールドカップin静岡の行われていた街中を離れ、静岡駅を通り抜け南口へ向かう。駅から徒歩で約25分。目指すはツインメッセ静岡だ。目的はもちろん新日本プロレス「Road to POWER STRUGGLE 17.11.2 ツインメッセ静岡」大会だ。 [caption id="attachment_715" align="ali…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Road to POWER STRUGGLE 17.10.30 後楽園ホール

新日本プロレスのRoad to POWER STRUGGLE 17.10.30 後楽園ホール大会をNJPWWORLDで視聴。 後半戦から見始めたのだが、Twitterでケニーの仮装を見て、後から前半戦も観てしまった。ケニーは顔が良いから女装も似合う。ヒゲを剃ればだけど。 第6試合は時間無制限1本勝負「Super Jr. …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Road to POWER STRUGGLE 17.10.29 後楽園ホール

新日本プロレスのRoad to POWER STRUGGLE 17.10.29 後楽園ホール大会をNJPWWORLDで視聴。 第6試合は時間無制限1本勝負「Super Jr. Tag Tournament 2017」1回戦、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー対エル・デスペラード、金丸義信。 お互いマスクを剥ぎ合っての一戦。こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大怪獣モノ

映画「大怪獣モノ」を観賞。 2016年公開。監督:河崎実、出演:飯伏幸太、斉藤秀翼、河西美希、赤井沙希、鈴木みのる 明神岳に怪獣モノが現れる。モノは地下を移動し、やがて東京に現れる。政府はセタップ細胞の開発者である西郷博士に助けを求める。博士はモノの卵と思われる物体から遺伝子を抽出し、セタップ細胞を完成させる。そして嫌がる助手の新田…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Road to POWER STRUGGLE 17.10.23 後楽園ホール

新日本プロレスのRoad to POWER STRUGGLE 17.10.23 後楽園ホール大会をNJPWWORLDで視聴。 第6試合は「Super Jr. Tag Tournament 2017」1回戦、川人拓来、KUSHIDA対SHO&YOH(ロッポンギ3K) この試合の見どころは川人が今まで出さなかった技を多く繰り出してき…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新日本プロレス Road to POWER STRUGGLE 10.21 東金アリーナ

新日本プロレス Road to POWER STRUGGLE 10.21 東金アリーナ大会をNJPWWORLDで視聴。 この興業は永田裕志デビュー25周年記念大会と銘打たれている。 メインは永田裕志・中西学デビュー25周年記念試合、永田裕志対中西学。 闘魂三銃士が新日本マットからいなくなった辺りからプロレスを見なく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

KING OF PRO-WRESTLING 17.10.9 両国国技館

KING OF PRO-WRESTLING 17.10.9 両国国技館をNJPWWORLDで視聴。 第1試合。レオ・トンガ、高橋裕二郎、バッドラック・ファレ対高橋ヒロム、BUSHI、SANADA。体格的にはロスインゴの方が圧倒的不利。しかしダリルと毒霧という武器?を使ってBUSHIがファレをフォール。本日一つ目のサプライズ:ダリル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1986年9月16日 大阪城ホール アントニオ猪木 vs ブルーザー・ブロディ

ブラディ・ファイト・シリーズ&ファン感謝スーパー・ファイト 1986年9月16日 大阪城ホール アントニオ猪木 vs ブルーザー・ブロディをNJPWWORLDで視聴。 実況アナも解説音声もなし。この試合を観た記憶はないので多分テレビ中継はなかったと思われる。 途中、レフェリーのミスター高橋が猪木のトップロープからのニードロップに巻き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DESTRUCTION in KOBE 2017.9.24 神戸

新日本プロレスのDESTRUCTION in KOBE 2017.9.24 神戸大会をNJPWWORLDで視聴。 第4試合はバレッタ対高橋裕二郎。ジュニアヘビーからヘビー級に転向を表明したバレッタに高橋裕二郎が異議を唱え実現したシングルマッチ。身長から考えれば、バレッタがジュニアヘビーというのは違和感があったので、ヘビーへの転向は個人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DESTRUCTION in HIROSHIMA 17.9.16広島

新日本プロレスのDESTRUCTION in HIROSHIMA 17.9.16広島大会をNJPWWORLDで視聴。 第5試合はIWGPジュニアタッグ選手権試合、チャンピオン、リコシェ、田口隆祐対タイチ、金丸義信の闘い。田口はぶれない。チャンピオンシップでもおちゃらけ戦法で闘う。パートナーのリコシェがあきれるほどに。それでベルトを失っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DESTRUCTION in FUKUSHIMA 17.9.10 福島

新日本プロレスのDESTRUCTION in FUKUSHIMA 17.9.10 福島をNJPWWORLDで観戦。 第6試合はIWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ、チャンピオンのハンソン、レイモンド・ロウ対タンガ・ロア、タマ・トンガ対デイビーボーイ・スミスJr.、ランス・アーチャー。基本的にはチャンピオンシップはオーソドックスにや…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Road to DESTRUCTION 9.7 後楽園ホール

新日本プロレスのRoad to DESTRUCTION 9.7 後楽園ホールをNJPWWORLDで観戦。 G1 CLIMAX疲れでプロレス観戦も腹いっぱいの感じ。全試合中継ありも良し悪しだ。YOSHI-HASHIではない。 第1試合は海野翔太と八木哲大の対決。ヤングライオン対決は勝負が付かないことが多い。一昔前のヤングライオンは連敗…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

有田と週刊プロレスと シーズン1

アマゾンビデオで配信されている「有田と週刊プロレスと」のシーズン1を見終わった。有田哲平が倉持明日香とゲストと共に週刊プロレスのある号を題材に語るだけの番組である。 週刊プロレスは週刊化されて以来、毎週買っていた。そして保存していた。買わなくなったのは何時頃だろう。1冊読むのがだんだん苦痛になってきたのだ。しかし、最近また読むようにな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワールドプロレスリング

NJPWWORLDに加入しているが、地上波テレビのワールドプロレスリングももちろん視聴している。BSのワールドプロレスリングリターンズも見ている。NJPWWORLDはほぼライブで見ている。地上波とBSは録画して見ている。BSは当たり前だが全国同時刻に放送されている。ところがワールドプロレスリングは地域格差がある。全国放送日一覧を見てもら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.13 両国

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.13 両国大会をNJPWWORLDで視聴。 第5試合はIWGPジュニアタッグ選手権試合、田口隆祐、リコシェ組対ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン組。田口とリコシェはタッグ初挑戦ではあるが、タグチジャパンとして気心は知れている。そうは言ってもヤングバックスには勝てないだろうと思っていたが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.12 両国

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.12 両国大会をNJPWWORLDで視聴。 前半の試合は個人的な都合により視聴していません。 第6試合は「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦、マイケル・エルガン対ジュース・ロビンソン。実績から考えれば、エルガン優位は動かない試合。しかし最後ジュースがパルプフリクションを決めて勝利…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.11 両国

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.11 両国大会をNJPWWORLDで視聴。 第1試合は岡倫之、北村克哉、川人拓来対エル・デスペラード、タイチ、鈴木みのる。力の差があり過ぎ。タイチが試合に参加せずに勝負が決まってしまった。 第6試合は「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦、永田裕志対バッドラック・ファレ。ファレがか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.8 横浜

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.8 横浜をNJPWWORLDで視聴。 第6試合「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦は小島聡とタマ・トンガ。連戦で小島を見ていて思った事は、小島の技が軽いという事。実際に技を受けたわけではなくあくまでも見た目の印象だが。マシンガンチョップにしても串刺しランニングエルボーにしても効いて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.6 浜松

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.6 浜松をNJPWWORLDで視聴。 第6試合は「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦、永田裕志とザック・セイバーJr.。小島が全敗を脱出して、もし永田も全敗を逃れるなら相手はザックしかいない。それはザックが弱いという事ではなく、一番説得力がある相手だからだ。そしてその通りになった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.5 大阪

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.5 大阪大会をNJPWWORLDで視聴。 第6試合はG1 CLIMAX 27公式戦、矢野通とタマ・トンガ。試合時間そのものは3分15秒だが、奇襲攻撃あり、テープあり、ハサミあり、木槌ありと盛りだくさん。矢野が安定?の姑息な勝ち。予想通りといえようか。 第7試合はG1 CLIMAX 27公…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.4 愛媛

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.4 愛媛をNJPWWORLDで視聴。 第6試合は「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦、永田裕志と飯伏幸太。人でなしニーがカミゴェという技名になったらしい。どうも最近の技名には付いていけない。人でなしニーの方が良いと思う。後藤の村正なんてフライングニールキックだろう? 第7試合は「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.2 福岡

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.2 福岡大会をNJPWWORLDで視聴。 ライガーの地元福岡での大会。地元といっても出身地ではないそうだが。(出身地は永井豪宅だったかな?w) 第6試合はG1 CLIMAX公式戦、ジュース・ロビンソンとSANADA。SANADAは勝ちパターンを見つけたようだ。プレス。スカルエンドからのラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 8.1 鹿児島

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 8.1 鹿児島大会をNJPWWORLDで視聴。 第6試合はバッドラック・ファレとYOSHI-HASHI。YOSHI-HASHIは打たれ弱い。そう思っていたので、今大会勝利を挙げるとしてもファレ相手ではないと思っていた。ところが見事に予想を裏切ってくれた。今日一つ目の予想外。 第7試合は真壁刀…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 7.30 岐阜

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 7.30 岐阜をNJPWWORLDで視聴。 岐阜といえば棚橋弘至の地元。しかし組まれた試合は第4試合。G1 CLIMAX公式戦中なので仕方ないとも言えるが、何とかならなかったものか? G1 CLIMAX公式戦第6試合は矢野通とEVIL。矢野通連敗!なんだかんだで矢野は良いところまでいくと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 7.29 愛知

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 7.29 愛知をNJPWWORLDで視聴。 第6試合は真壁刀義と永田裕志。真壁って真壁伸也時代はかわいい感じだったのに、どこでどう間違ってこんなになってしまったのだろう。川人なんかもいずれはこんなになってしまうのだろうか?真壁って見た目と違って綺麗なブリッジをする。新日本のレスラーたるものこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 7.27 長岡

新日本プロレスのG1 CLIMAX 27 7.27 長岡をNJPWWORLDで視聴。 第6試合はジュース・ロビンソンとタマ・トンガ。BULLET CLUBのナンバー3と新日本本隊のホープの対決。キャリア的にもジュースのケガの事を鑑みてもタマの勝利は動かない。その通りの結果となった。 第7試合は矢野通とSANADA。矢野通は勝利を度外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G1 CLIMAX 27 7.26 仙台

新日本プロレスG1 CLIMAX 27 7.26 仙台をNJPWWORLDで視聴。 第6試合は石井智宏とYOSHI-HASHI。YOSHI-HASHIのカルマだが決まれば凄いのだろうが、持ち上げるまでに隙がありすぎる。相手がよっぽど弱っていないと無理だろう。それ以前の相手のスタミナを奪う技の開発が必要だと思われる。 第7試合はザック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more