凶悪

映画「凶悪」を観賞。

2013年日本映画、監督:白石和彌、出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴

映画「凶悪」のあらすじ。


藤井修一は「明朝24」の記者で、妻と認知症の母親との3人暮らし。上司から命令され、死刑を宣告され上告中の須藤純次に面会に行く。須藤はまだ明らかになっていない殺人が3件あり、その首謀者は「先生」と呼ばれている男で、それらを明らかにして欲しいと、藤井に告げる。しかし、須藤の記憶には曖昧な所が多々あった。藤井は上司に報告するが、ニュースバリューがないからと、取材を却下される。藤井は独自に取材を始め、次第に真実を明らかにしていく。




映画「凶悪」の感想。(ネタバレあり)


静岡朝日テレビでこんなしょんない冠番組を持っているピエール瀧だが、



この映画では凶悪さを遺憾なく発揮している。
こんな小説のような話が事実に基づいているとは驚愕である。須藤は元々暴力団員だからある種の素養はあったのだろうが、先生こと木村は不動産業者だ。お金のために、ここまで凶悪になれることに吃驚する。木村の最初の殺人は、弾みなのかもしれない。しかし、エスカレートの仕方が半端ではない。金のためだけではなく殺人を楽しむようになってきている。
日野とか森田とかは自業自得のところもあるとは言え、気の毒である。木村の悪巧みを手伝っていくうちに、どんどん深みに嵌まり、逃げ出そうとしたら殺されてしまう。少しぐらいなら悪いことをしても、などと考えるのがいけないのだ。危険な人間には近付いてはいけない。
木村と須藤が事件の主役であるならば、映画としての主役は藤井だ。藤井はジャーナリストとして仕事に熱中するあまりに、家族をないがしろにし、仕事そのものも度が過ぎた行動に走ってしまう。違う方向で狂気に向かってしまっている。
報道とは何かといった問題も考えさせる映画である。
山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキーの狂気の演技を、味わって欲しい。

凶悪 ある死刑囚の告発 (新潮文庫) [ 新潮45編集部 ]
楽天ブックス
ある死刑囚の告発 新潮文庫 新潮45編集部 新潮社キョウアク シンチョウ シジュウゴ ヘンシュウブ


楽天市場 by 凶悪 ある死刑囚の告発 (新潮文庫) [ 新潮45編集部 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




凶悪
2014-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 凶悪 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 凶悪

    Excerpt: 映画「凶悪」を観賞。 2013年日本映画、監督:白石和彌、出演:山田孝之、ピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴 映画「凶悪」のあらすじ。 藤井修一は「明朝24」の記者で、妻と認知症の母親との3人暮.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-11-16 21:28