GODZILLA ゴジラ

映画「GODZILLA ゴジラ」を観賞。
2014年アメリカ映画、監督:ギャレス・エドワーズ、出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ
1999年、フィリピンで崩落事故が起る。芹沢博士はそこで巨大生物の化石を発見する。日本のジャンジラにある原子力発電所で謎の揺れが起り、原発が崩壊し、ジョー・ブロディの妻、サンドラが死亡する。
15年後、ジョーの息子フォードはアメリカ海軍爆弾処理班に勤めている。フォードが任務を終え自宅に戻ると、日本の警察からジョーが原発跡地の立ち入り禁止区域に入ったために逮捕されたことを知らされる。フォードはジョーを引き取りに日本に行く。そしてジョーに説得され、二人で立ち入り禁止地域に入る。そこでは放射能漏れは収まっており、芹沢博士の所属する「モナーク」という機関が、謎の生物の研究をしていた。


ネタバレあり

正直言ってこの映画は面白くなかった。最大の理由はクライマックスのシーンの画面が暗くて、何がどうなっているか全く分からなかった所為だ。これは自宅のテレビの性能が悪かった所為かもしれない。にしても暗過ぎる。夜の電気がないシーンだというのは理解できるが、観客に見えないほどリアリティを追求する必要はないのではないだろうか?思い出されるのが大昔に観た「ゴジラ対ヘドラ」(だったと思う)。これは劇場で観たが、クライマックスでの暗い海中での闘いが全く見えなかった。
「ムートー」が何者で「ゴジラ」が何者か。その辺りも何かもやもやしたものが残る。
ゴジラ映画では核に対するメッセージが込められているかどうかも重要な点だが、この映画では批判的な表現は少なかったように思う。数多くのシーンがカットされてしまったようだから、優先順位が低かったのだろう。
核攻撃が行われるようになった経緯もぼんやりしている。そこに核があるから使いますというような。
フォードが任務を引き受ける経緯もぼんやりしている。たまたまそこにいたから、という感じ。
ゴジラの造形は良かった。前回のハリウッドゴジラはゴジラじゃなかったから。
色々やろうとし過ぎて、カットしたら何も残らなかったという感じだろうか。辛辣過ぎるか?

GODZILLA[2014] [ アーロン・テイラー=ジョンソン ]
楽天ブックス
アーロン・テイラー=ジョンソン 渡辺謙 エリザベス・オルセン【VDCP_700】【VDCP_427】


楽天市場 by GODZILLA[2014] [ アーロン・テイラー=ジョンソン ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




GODZILLA ゴジラ(字幕版)
2015-02-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GODZILLA ゴジラ(字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • GODZILLA ゴジラ

    Excerpt: 映画「GODZILLA ゴジラ」を観賞。 2014年アメリカ映画、監督:ギャレス・エドワーズ、出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ 1999年、フ.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-11-01 17:11