冬の夢

スコット・フィッツジェラルド著、村上春樹訳の「冬の夢」を読了。
フィッツジェラルドの初期の短編集。
冬の夢、メイデー、罪の赦し、リッツくらい大きなダイアモンド、ベイビー・パーティーの五編が収められている。
ネタバレあり


「冬の夢」デクスター・グリーンはジュディー・ジョーンズに対し恋に落ちる。ジュディーは気まぐれな女で多くの男と付き合っている。デクスターは彼女のことを諦め、アイリーンと婚約をする。結婚寸前にデクスターの前にジュディーが再び現れ、彼に結婚を迫る。デクスターはアイリーンを捨てジュディーと結婚するが一ヶ月で破局が訪れる。数年後、デクスターは噂でジュディーが結婚したことを知る。デクスターの心は揺れるが、ジュディーから往年の輝きが失われていることを知り、涙する。

ジュディーみたいな女に惚れてしまったら地獄だろうな。だけど若き日の輝きは時と共に幻のように消え去っていくということだろうか?

「メイデー」ゴードンは金の無心をしに、大学時代の同級生ディーンの許を訪ねる。ゴードンはジュエルと付き合っていたが、彼女の縛りつけにより職を失ってしまう。そして彼女に金を要求されていた。ディーンはゴードンの気をそらせるために、ダンス・パーティーに誘う。イーディスはゴードンの昔のガールフレンド。イーディスはダンスパーティーでゴードンとの再会を期待していた。二人はそこで再会するがイーディスはゴードンの現状に失望する。イーディスはパーティーを抜け出し、社会主義新聞を発行している兄のいる会社に向かう。社会主義に反対する集団が会社を襲いイーディスも巻き込まれる。一方、ゴードンはパーティー会場に現れたジョエルに外に連れ出される。彼はジョエルと酒の勢いに押されて結婚をする。朝起きて、後悔した彼は自殺を図る。

ゴードンはジョエルのことを悪魔のように語っているが、実際にはそうではないような描写がされている。どういうことだろうか?

「罪の赦し」「背教が絶対的な劫罰を浮けるのは、その前に完璧な信仰を持っていた人に関してのみ言えることだ。」

「リッツくらい大きなダイアモンド」ジョン・T・アンガーは田舎町ヘイディズからボストン近郊のセント・マイダス校に入学する。ジョンは大学で友達になったパーシーに夏休みを自分の家で過ごすよう誘われる。パーシーの家は大金持ちだ。それゆえ世間から離れた土地に隠れて暮らしている。ジョンはパーシーの妹キスミンと親しくなる。ジョンはキスミンからこの家を訪れた客は秘密を守るために殺されると聞く。ジョンはキスミンと逃亡する。

ファンタジー的な話。映画化できそうな気がする。

「ベイビー・パーティー」ジョン・アンドロスには2歳半になる子供がいる。妻のイーディスと娘のイードは隣の家で行われているベイビー・パーティーに参加していて、ジョンは帰宅を急いでいる。しかし、そこでは妻と隣人との諍いが始まっていた。

子供が原因で喧嘩してしまうなんて理解の範疇を超えているような、理解できるような。

今の自分にはフィッツジェラルドは合っていないようだ。またいつか再読してみようと思う。

冬の夢 (村上春樹翻訳ライブラリー) [ フランシス・スコット・フィッツジェラルド ]
楽天ブックス
村上春樹翻訳ライブラリー フランシス・スコット・フィッツジェラルド 村上春樹 中央公論新社フユ ノ


楽天市場 by 冬の夢 (村上春樹翻訳ライブラリー) [ フランシス・スコット・フィッツジェラルド ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




冬の夢
中央公論新社
スコット・フィッツジェラルド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 冬の夢 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 冬の夢

    Excerpt: スコット・フィッツジェラルド著、村上春樹訳の「冬の夢」を読了。 フィッツジェラルドの初期の短編集。 冬の夢、メイデー、罪の赦し、リッツくらい大きなダイアモンド、ベイビー・パーティーの五編が収められてい.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-10-10 15:33