第9地区

映画「第9地区」を観賞。
2009年公開、監督:ニール・ブロムカンプ、出演:シャールト・コプリー
1982年、南アフリカヨハネスブルグ上空に巨大な宇宙船が現れ、空中に停止した。宇宙船には飢えた多くの宇宙人が乗船していた。彼らを難民として保護し、その宇宙船の真下の地区に住まわせることにした。その地区はやがてスラム化し、第9地区と呼ばれた。彼らはエビのような姿をしていたため、通称エビと呼ばれるようになった。20年後、周辺の住民との衝突が多発し、彼らを別の地区へ移住させることになる。指揮を執るのは民間組織MNUのヴィカス。ヴィカスは彼らの家を1件ずつ回り、移転承認の書類にサインさせている。ある家で、彼は筒状の容器を発見し、そこから漏れ出した液体を浴びてしまう。また、宇宙人とのトラブルで腕を怪我してしまう。しばらくすると、彼の身体に異変が起き、吐き気を催したり、黒い液体が鼻血のように出たり、爪がはがれたりするようになる。ヴィカスは自宅に戻り、彼の昇進パーティーが開かれている最中に倒れ、病院へ運ばれる。



ネタバレあり

スプラッターな描写や、グロい描写があるので、食事の後には見ない方が良いかもしれない。途中で胃がムカムカしてしまった。
ヴィカスの性格が今一つ掴めない所が合って、感情移入するのに時間がかかった。見た目が頼りない感じだというのもあるかもしれない。基本的にはヴィカスは宇宙人に対して穏健な態度を取っていると思う。研究施設で実験台にされている時も宇宙人を殺すことに抵抗していたし。ところが、司令船に乗り込む際のクリストファーに対する態度は冷酷すぎる。それまでとは一変する。いくら逆上したとは言え、クリストファーがいなければ司令船を動かすのは難しいと分かりそうなものだ。ロボットに乗ったヴィカスがクリストファーを見捨てる所も、そのままどこへ逃げようというのだろうか。思い直して良かった。って言うか、彼を助けなければ自分も助からないだろうに。
導入部がドキュメンタリー風に作られているのは正解だろう。宇宙船が居座るという不自然な出来事が、当たり前のように感じられてしまったからだ。
舞台が南アフリカということで、実際の人種差別政策や、難民政策への風刺と取れなくもない。監督は否定しているようだが。
各所で絶賛されていたのだから、もっと早く観れば良かった。傑作である。

パシフィック・リム/第9地区 ワーナー・スペシャル・パック【Blu-ray】 [ チャーリー・ハナム ]
楽天ブックス
チャーリー・ハナム ギレルモ・デル・トロ ※本商品はBluーrayDisc Videoになります。D


楽天市場 by パシフィック・リム/第9地区 ワーナー・スペシャル・パック【Blu-ray】 [ チャーリー・ハナム ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




第9地区 (字幕版)
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第9地区 (字幕版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 第9地区

    Excerpt: 映画「第9地区」を観賞。 2009年公開、監督:ニール・ブロムカンプ、出演:シャールト・コプリー 1982年、南アフリカヨハネスブルグ上空に巨大な宇宙船が現れ、空中に停止した。宇宙船には飢えた多くの宇.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-10-16 21:59