ソロモンの偽証 前編・事件

ソロモンの偽証 前編・事件を観賞。
宮部みゆき原作のソロモンの偽証の映画化。
監督:成島出、出演:藤野涼子、板垣瑞生、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、小日向文世、尾野真千子
中原(藤野)涼子が母校に教師として赴任し、校長に過去の出来事を語る形で物語は始まる。中学二年の雪の積もったクリスマスの朝、藤野涼子は野田健一と共に登校する。通用口から入った二人は雪から人の手が出ているのを見つける。掘り起こしてみると、そこには同じクラスの柏木卓也の遺体がある。死因は自殺と断定される。しかし、三宅樹里と浅井松子によって涼子、校長に宛てて告発状が送られる。その内容は柏木は自殺ではなく、不良の大出とその仲間による殺人というものだった。警察と校長とで協議した結果、殺人を疑わせる要素はなく、告発状は偽物だということで、内々に処理される。担任の森内先生宛に送られた同じ内容の告発状がなぜかテレビ局の手に渡り、大々的に報道される。緊急父兄集会が開かれるが、警察によって告発状の矛盾点が指摘される。それを親から聞いた松子は樹里の家へ向かう。松子は樹里が作った告発状の内容を信じていたからだ。松子は樹里の家から泣きながら帰り、道に飛びだし、車に轢かれてしまう。涼子達は三年に進級したが、事件の真相はうやむやのまま。そこで涼子は自分たちで真相を明らかにし、学校内で裁判を開こうとする。

ソロモンの偽証 前篇・事件をyoutubeで観る



ネタバレるかも

内容は小説とは微妙に違う。小説では健一が単独で柏木の遺体を発見するが、映画では二人だ。涼子が樹里と松子がいじめられる場面を目撃する場面は小説にはなかったはずだし、もちろんそこで柏木と涼子が会話をするはずもない。健一と柏木の会話も小説にはなかった気がする。松子が所属していた部活は小説ではコーラス部だったが、映画ではブラスバンドだ。裁判に協力する部活は小説ではバスケと将棋部だったが、映画では将棋部は出てこない。小説では涼子が最初は弁護士役だったが、事情により検事側に代わってしまう。映画では最初から検事役が割り振られる。
二時間という限られた時間で映像化するには簡略化はやむを得ないであろう。
ただ「口先だけの偽善者」というフレーズは小説には出てこなかった気がする。ここは映画オリジナルの設定だ。これが結末に影響してくるのだろうか?


ソロモンの偽証 前編・事件【動画配信】
楽天SHOWTIME
クリスマスの朝、雪が降り積もった城東第三中学校の校庭で2年A組の生徒・柏木卓也の死体が発見される。警


楽天市場 by ソロモンの偽証 前編・事件【動画配信】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD]
松竹
2015-08-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ソロモンの偽証 前編・事件

    Excerpt: ソロモンの偽証 前編・事件を観賞。 宮部みゆき原作のソロモンの偽証の映画化。 監督:成島出、出演:藤野涼子、板垣瑞生、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、小日向文世、尾野真千子 中原(藤野)涼子.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-09-28 21:59