ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷

宮部みゆきの「ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷」を読了。
いよいよ城東第三中学校の学校内裁判が開かれる。第Ⅱ部までに読者にほとんどの事実は開示されているので、結末はほぼ予想通り。


三宅樹理が最後まで告発状の内容を翻さなかったのは、少し予想外だった。それだけ大出俊次に対する恨みが深かったという事か。浅井松子の事故の原因が明らかにされなかった事も残念。そういう意味では大円団というわけではなかった。
その他の出来事は、ほぼ解決されたといっていいだろう。
この本は地の文の視点がころころ変わっていく。もちろん意図してやっているのだろう。小説教室でこんな書き方をしたら注意されるだろうけど。
各部700ページ以上の厚い本だが、とてもすらすら読めた。宮部みゆきの文体は自分には合っているのだと思う。映画版の方も見なければ。



ソロモンの偽証(第3部) 法廷 [ 宮部みゆき ]
楽天ブックス
法廷 宮部みゆき 新潮社ソロモン ノ ギショウ ミヤベ,ミユキ 発行年月:2012年10月 予約締切


楽天市場 by ソロモンの偽証(第3部) 法廷 [ 宮部みゆき ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ソロモンの偽証 後篇・裁判
2015-08-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソロモンの偽証 後篇・裁判 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷

    Excerpt: 宮部みゆきの「ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷」を読了。 いよいよ城東第三中学校の学校内裁判が開かれる。第Ⅱ部までに読者にほとんどの事実は開示されているので、結末はほぼ予想通り。 三宅樹理が最後まで告発状.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-08-27 20:15