有田と週刊プロレスと シーズン1

アマゾンビデオで配信されている「有田と週刊プロレスと」のシーズン1を見終わった。有田哲平が倉持明日香とゲストと共に週刊プロレスのある号を題材に語るだけの番組である。
週刊プロレスは週刊化されて以来、毎週買っていた。そして保存していた。買わなくなったのは何時頃だろう。1冊読むのがだんだん苦痛になってきたのだ。しかし、最近また読むようになった。とは言っても、電子書籍で流し読みするだけだが。
閑話休題
この番組はスタッフが選んだ過去の週刊プロレスを1冊有田に渡し、それについて彼が蘊蓄を述べる番組だ。週プロは大昔のものからかなり最近のものまで幅広く選ばれている。ゲストはあまりプロレスに詳しくない人が多く登場する。綾部祐二、福田充徳、田中卓志、武井荘、宮澤佐江などだ。これらのゲストの時は、団体の歴史から説明に入る事が多い。そして、その事件または試合が、どういう人間関係のもと行なわれたかを有田がゲストに対し説明する。
水道橋博士の回とケンドー・コバヤシの回は、二人ともプロレス好きであったので、倉持に説明すると言う形で番組は進行した。
プロレス界は日々変化している。自分もそれなりにプロレスを見てきたつもりだが、過去の事は忘れている事も多い。プロレスファンは過去を思い出すためにこの番組を活用すれば良いだろう。プロレスファンでない人は、バラエティ番組として見れば良い。ただ、話を聞いているだけでもそれなりに面白いからだ。そこでもしプロレスに興味を持ったなら、実際のプロレスを見れば良いだろう。世界が広がりますから。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 有田と週刊プロレスと シーズン1

    Excerpt: アマゾンビデオで配信されている「有田と週刊プロレスと」のシーズン1を見終わった。有田哲平が倉持明日香とゲストと共に週刊プロレスのある号を題材に語るだけの番組である。 週刊プロレスは週刊化されて以来、毎.. Weblog: FADED PHOTO racked: 2017-08-24 11:24