乳と卵

川上未映子の乳と卵を読了。

一文が長く、読点で区切り、句点が少ない独特な文体。決して読みやすくはない。学校の国語の先生が見たら減点されてしまう様な文章。しかし頭の中で色々な考えが渦巻いている様子を良く表している。人間の思考なんて決して論理的ではなく、こんな感じだろう。

豊胸手術(乳)をしようとしている母親と生理(卵)に悩む娘が、母親の妹のいる東京のアパートに遊びに来る物語。外から見ればただそれだけの話で、特に事件らしい事件はない。漫画化は面白いかも知れないが、映像化は難しいだろう。小説ならではの心理描写がいい。ともかく読んでみなければこの面白さは理解できないだろう。



乳と卵 [ 川上未映子 ]
楽天ブックス
文春文庫 川上未映子 文藝春秋チチ ト ラン カワカミ,ミエコ 発行年月:2010年09月 ページ数


楽天市場 by 乳と卵 [ 川上未映子 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




乳と卵(らん) (文春文庫)
文藝春秋
2010-09-03
川上 未映子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 乳と卵(らん) (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック